【利回り徹底比較】五黄ファンドVS一般的な不動産投資

「五黄ファンドは利回りが高いと聞いたけど本当?」
「他の不動産と比較したらどのくらいなのかな?」

このような疑問をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

そんな方のために、この記事では五黄ファンドと他の不動産の利回りを比較していきたいと思います。

利回りの高さの理由なども解説していくので、この記事を読めばより五黄ファンドの魅力が理解できるでしょう!

1.五黄ファンドと他の不動産の利回りを比較

五黄ファンドの利回りの高さを、他の不動産と比較していきます。

比較するにあたり、日本不動産研究所の『不動産投資家調査(2020年4月)2ページ』の中から、アパート投資の平均利回りと商業施設の利回りを取り上げてみていきます。

各々の利回りは以下の通りです。

アパート投資、商業施設共に都心よりも地方が利回りが高い傾向がありますが、平均すると概ね5%前後です。

しかし、五黄ファンドで現在募集中のファンドは想定利回りの平均が7.745%となっており、一番高いもので8.59%のものもあるなど、他よりも高くなっています

なお、どのような不動産でも利回りは上下する可能性があるので、利回りの高さだけでなく、利回りが下がりにくいと判断できる不動産を選ぶことも重要です。

五黄ファンドの佐世保大塔商業施設の場合、テナントと10年の賃貸借契約を締結しており、長期にわたって安定した収益を期待することができます。

高い利回りに加え、利回りが下がりにくい工夫がされているので、五黄ファンドは投資家にとって魅力的なファンドと言えます。

2.なぜ五黄ファンドは利回りが高いのか?

五黄ファンドでは利回り8%以上のファンドも取り扱っており、不動産投資の中では比較的利回りが高いと言えます。

では、なぜ五黄ファンドは利回りが高いのでしょうか。

高利回りな不動産投資ができる理由は、関係会社の占部組が建物の施工を行っているからです。

関係会社が施工しているとなぜ利回りが高くなるのか、また占部組とはどのような会社なのかを順に詳しく解説していきます。

(1)関係会社が施工している

五黄ファンドで高利回りな不動産投資ができる理由は、五黄ファンドで取り扱う多くの物件を、五黄不動産の関係会社である占部組が施工しているからです。

関係会社が施工しているため、物件の管理費などの外部委託費を抑えることができるのです。

一般的な不動産投資で家賃収入などのインカムゲインを得る場合は、不動産の収益から管理費などの諸費用を差し引いて残った利益が、投資家の実際の利益になります。

五黄ファンドではこのような諸費用が小さく圧縮されているため、より多くの利益を投資家に分配できるのです。

したがって、高い利回りの不動産投資を実現できています。

(2)占部組の施工実績

五黄不動産の関係会社である占部組とはどのような企業なのか、信頼できる企業なのかが気になりますよね。

ここでは施工実績などから占部組の信頼性について解説していきます。

株式会社占部組は1954年に創業した老舗企業で、関西と九州を中心に全国で商業施設を始めとする建物の建設に携わってきました。

100坪から1000坪を超える商業施設、チェーン店などの店舗施工・開発を行っています。

セブンイレブンなど全国に展開する有名企業の施工から、地域密着のクリニックの施工など、商業施設の施工実績が非常に豊富です。

また、占部組は施工だけでなく、店舗開発など不動産の収益化にもノウハウがあり、五黄ファンドで取り扱っている商業施設の賃貸収益もサポートしています。

創業66年来の実績がある企業が施工から収益のサポートまで行ってくれるので、五黄ファンドは初心者でも安心して投資ができる不動産投資と言えます。

3.五黄ファンドで不動産投資をするメリット

五黄ファンドにおける不動産投資には、高い利回りの他にも以下の3つのメリットがあります。

五黄不動産ファンドで不動産投資をする3つのメリット

  • ほったらかしで利益を得られる
  • 優先劣後方式で投資家のリスクが低くなっている
  • 1万円から投資できる

少額で始められるのに低リスク、しかも手間がかからないので、五黄ファンドは投資初心者にもぴったりの投資先と言えます。

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

(1)ほったらかしで利益を得られる

五黄ファンドの不動産を運用するのは投資家ではなく事業者なので、投資家は手間をかけず放置で利益を得られます。

一般的な不動産投資では実物の不動産を保有するため、投資家は管理する手間がかかってしまいます。

設備の故障や入居者どうしのトラブルなどに対応しなくてはなりません。

管理業務は管理会社に任せられますが、管理を委託するために手数料がかかってしまいます。

一方で、五黄ファンドなら運用は事業者に任せられるので、投資家にこのような手間やコストがかかることはありません。

分配金も自動で振り込まれるので、待っているだけで収益が得られます。

五黄ファンドでは一般的な不動産投資よりも手軽に投資ができるので、投資初心者にも向いています。

(2)優先劣後方式で投資家のリスクが低くなっている

五黄ファンドでは、優先劣後方式を採用しているので、投資家の元本割れリスクが低く抑えられています。

優先劣後方式は主に不動産投資型クラウドファンディングでとられる方式で、物件を売却する際に損失が発生した場合に、運営会社が一定の範囲内でその損失を被って投資家を保護するシステムです。

不動産投資型クラウドファンディングでは、運用を終了する際に不動産を売却して元本を投資家に返済します。

売却時に不動産の価格が低下して購入時の価格を下回った場合、投資家に返済される資金が元本を下回り、元本割れが発生してしまいます。

五黄ファンドではこのような元本割れのリスクを低くするため、運用会社である五黄不動産が10%~40%の劣後出資を行っています。

仮に元本割れが発生した場合、劣後出資者である五黄不動産への返済は後回しとなり、優先出資者である投資家への返済が優先されるため、投資家の元本割れリスクが低くなるのです。

例えば五黄不動産の劣後出資割合が20%だった場合、売却時に発生した損失が20%までであれば五黄不動産が負担し、投資家に元本割れはありません。

以上のとおり、優先劣後方式で五黄不動産が劣後出資者となるため、投資家の元本割れリスクは低く抑えられています。

優先劣後方式についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

優先劣後システムの意味と仕組みを解説!投資家に有利な2つのポイント

2021.06.14

(3)1万円から投資ができる

五黄ファンドの不動産には、1口1万円という少額から投資を申し込むことができます。

現物の不動産を購入する従来の不動産投資だと、マンションやアパートを購入するために数千万円のローンを組むのが一般的です。

しかし、数千万円のローンは投資をしたことがない初心者にとってはハードルが高すぎることでしょう。

五黄ファンドでは投資物件を小口化し、大勢の投資家から投資の申し込みを受け付けられるよう、不動産小口化商品の事業者許可(不動産特定共同事業)を取得しました。

これによって1口1万円からの不動産投資が可能になったので、投資に興味はあるけど一歩を踏み出せないでいる方にも、お試し感覚で始めやすくなりました。

五黄ファンドは、まずは少額で投資を試してみたい投資初心者の方にもぴったりの投資先だと言えます。

まとめ

五黄ファンドでは、一般的な不動産投資よりも魅力的な利回りで投資をすることができます。

利回りのみならず、1口1万円と少額で始められ、低リスクなのに放置で利益を得られるメリットもあります。

五黄ファンドでの投資の始め方については、以下の記事を参考にしてください。

簡単なのに高利回り!五黄ファンドでの不動産投資の始め方を紹介します!

2021.05.27

また、五黄ファンドについてもっと詳しく知りたい方は、下記のバナーからサイトをチェックしてみてください!

初心者でも気軽に投資ができるので、五黄ファンドで不動産投資を始めましょう!

関連記事一覧