投資におけるポートフォリオとは?投資家に必須の知識をわかりやすく解説!

「投資を始める時によく聞く、ポートフォリオってなに?」
「ポートフォリオが大切と言われるけど、どうすればいい?」

このように、投資を始めたいけどポートフォリオが何かわからず困っている方がいるのではないですか?

結論から言うと、ポートフォリオは資産運用において必須知識なんです!

ここでは、ポートフォリオとは何かについて3つのポイントで紹介します。

この記事を読めば、安心して資産を増やしやすい知識が身につきます!

1.投資におけるポートフォリオとは

「ポートフォリオ」という用語は投資の他にも教育や技術スキルが必要な分野にも使われています。

それぞれで微妙に意味合いは違いますが、共通の意味としては「組み合わせ」や「共通の意味などを持つ書類の集まり」という意味です。

例えば、教育用語のポートフォリオは学習成績以外での学習過程や、日常的な活動をまとめて評価するための資料を指します。

技術スキルなどのポートフォリオであれば、スキルや過去の成果物・製作物をまとめた資料のことを指します。

ここでは投資のポートフォリオに着目して具体的に解説していきます。

投資のおけるポートフォリオとは

  • 投資におけるポートフォリオ
  • アセットアロケーションとの違い

(1)投資におけるポートフォリオ

投資においてのポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことです。

自分のもつ現金や株式、不動産などがすべてポートフォリオに含まれるため、誰しもポートフォリオを持っています。

投資の際に、ポートフォリオを組みましょうと言われるのは、具体的にどの銘柄をどのくらいの配分で購入するのかなどを検討することを指します

例えば、手元に100万円があるとして、そのうち30万円は現金として残し、40万円を株式投資、30万円を債券に振りわけるとします。

その後、株式投資の40万円のうちA社の株を20万円、B社の株20万円買うなど、自己の金融資産を具体的に配分していくことをポートフォリオを組む、と言います。

基本的には商品ありきで考えるのではなく、投資目的やどのような投資スタイルが自分に適しているのかを考慮してから商品を選定する必要があります。

そのため、投資においてポートフォリオを理解することは必須であると考えておきましょう。

(2)アセットアロケーションとの違い

ポートフォリオと似た用語にアセットアロケーションという言葉があります。

アセットアロケーションとは、資産ごとにどのくらい配分するのかを指します。

それに対して、ポートフォリオはそれぞれの資産クラスにおいて、どの金融商品を配分していくかを意味します。

例えば、アセットアロケーションを組むといえば、現金に10%、株式に40%、不動産に50%などと表現します。

ポートフォリオは、株式投資のうち、国内のA銘柄に10%、B銘柄に20%、米国のC株に30%、などのように言います。

アセットアロケーションをより細分化したものがポートフォリオであると理解しておきましょう。

アセットアロケーションについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください!

2.ポートフォリオを組む時の注意点

ポートフォリオについて理解したときに、組み方や意識しておくべき注意点があります。

実際に投資をする際に、分散投資を意識したとしても、適切でないポートフォリオによって運用がうまくいかないことが起こります。

実際にどのようなことに注目していく必要があるかなどの注意点をここでは解説します。

ポートフォリオを組む時の注意点

  • 相関係数に着目する
  • 短期的な利益を見込まない

(1)相関係数に着目する

ある2つの資産の値動きの関連性を示す統計的な値を相関係数と言い、これはポートフォリオを組む時に必ず意識しておくべき指標です。

相関係数を意識したポートフォリオを組むことで、仮にある銘柄の商品の価値が下落した際でも他の銘柄の価格上昇などで損失を小さくすることができるのです。

例えば、A,B2つの株式を所有しているとして、仮にAの株価が減少した時、Bの株価はどのような影響を受けるのか、ということが相関係数からわかります。

相関係数は-1~0~1の範囲でそれぞれ設定されています。

相関係数が1に近いほど2つの資産は同じように変動し、例えば相関係数が1の時であれば、2つの価格変動は完全に一致します。

そこから-1に近づくにつれて徐々に値動きが一致しなくなり、相関係数が-1の時は2つの値動きは正反対になり、一方が下落すればもう一方はその分上昇します。

ポートフォリオを組む際に相関係数が-1に近い資産を組み込むことで、大きな損失を防ぐことができるのです。

一方、相関係数が1に近い資産をポートフォリオに組み込むと、ある銘柄の価格が上昇した際にもう一方の価格も上昇し、より大きなリターンを得ることが可能です。

しかし、リスク分散の観点から少しでも-1に近い銘柄を組み込み、価格暴落時にも損失を低くできるポートフォリオを組むことをおすすめします。

資産の相関係数は、シミュレーションサイトで調査することが可能なので、自分の投資スタイルに合わせて、どのような配分が適しているのか投資をする前に必ず確認しておきましょう。

(2)定期的に配分を見直す

ポートフォリオを組んでからも定期的なリバランスは必ず行いましょう

設定時点では自分のプランに合ったポートフォリオが組めていたとしても、期間が経つにつれて価格や相関関係に変化が起こっている可能性があるからです。

一度ポートフォリオを組んだら終了だと思わずに、金融資産の割合や商品は定期的に変更するようにしましょう。

しかし、ポートフォリオは基本的に長期的な運用や値動きを見越して組むことが多いので、あまり頻繁に変更するのはおすすめとは言えません。

大きな値動きの変化などでかなりの損失が発生するなどでない場合は、ポートフォリオの組みなおしは1年に1度ぐらいの周期で行うのが良いでしょう。

3.ポートフォリオを組むのに適した少額からできる投資3選!

通常ポートフォリオを組むにはまとまった資金が必要になります。

例えば、株式投資は始めるのに平均10万円必要で、これを複数銘柄所有するとなると、初心者にとってはハードルが高くなってしまいます

しかし、世の中には最低100円からできる投資手法も存在するので、投資初心者の内はそれらでポートフォリオを組むのをおすすめします。

少額で多様なポートフォリオを形成する方法

  • 不動産クラウドファンディング
  • ソーシャルレンディング
  • 投資信託

順に説明します。

(1)不動産クラウドファンディング

少額を多数の投資家から集めて、運用会社が一括で不動産投資を行い、運用利益や売却時の差益を分配する仕組みを指します。

実際に不動産を所有することはできませんが、資産として不動産をポートフォリオに組み込むことができます。

通常、不動産投資をするためには融資を考慮しても手元に100万円程度は必要になりますが、不動産クラウドファンディングは1万円程度から始めることができます。

また、物件の運用や管理などは運営会社が行うので、不動産投資の知識がない初心者にもおすすめの手法です。

利回りは平均でおおよそ4%~6%ほどになっており、代表的な不動産クラウドファンディング企業としてはRimpleCREALがあります。

値動きが少なく、安定した投資として人気の不動産投資のため、安定したリターンを見込みたい方は検討しても良いでしょう。

不動産クラウドファンディングについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください!

不動産クラウドファンディングとは?【始めるなら知っておきたい知識】

2021.06.07

(2)ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、たくさんの投資家から資金を集め1つの企業に投資する方法です。

企業側は低い金利で出資を受けることができ、出資者は取る代わりに高い利回りをもらえる仕組みとなっています。

1口1万円から出資ができ、名目の利回りは2.5%~10%まで通常の投資よりも高い傾向にあります。

代表的な企業としては、クラウドバンクFundsなどがあります。

ソーシャルレンディングについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ソーシャルレンディングとは?利回りが高く少額から投資できる方法を紹介!

2021.06.11

(3)投資信託

投資信託とは、多数の投資家から集めた資金をまとめて、専門の投資家が独自で運用したりインデックス指数に連動するように組み入れられた商品です。

個別銘柄と違い、最低購入金額がおおよそ100円から購入が可能です。

1つの商品の中に複数銘柄が入っているため、多様性に富み、簡単に分散投資ができます。

また、運用を専門家に任せることができるため、知識がない初心者にもおすすめの投資手法です。

しかし、銀行などの窓口で進められるものは手数料が高く手元に残る利益が少ないことが多いため、株式市場で値動きがリアルタイムで確認できるETF(上場投資信託)などがおすすめです。

投資信託を扱っている企業は、SBI証券楽天証券などがあります。

投資信託は少額から投資ができ、専門家に運用を任せることができるので、ポートフォリオの1つとしておすすめです。

まとめ

今回はポートフォリオとは何か、どのようなことについて注意すべきかなどを解説しました。

投資においてポートフォリオを正確に理解することは必須です。

適切なポートフォリオを組むことができれば、リスクが抑えられ安定して成長が見込めるようになります。

ぜひ、今回の内容を参考に自分の目的にあったポートフォリオを作りましょう!

1万円から投資できる五黄ファンドをポートフォリオに組み込みましょう!


「少額でポートフォリオに組み込むことができる投資を知りたい」
「不動産投資をポートフォリオに組み込みたい」

最低1万円から投資ができる五黄ファンドを紹介します。

五黄ファンドの3つのすごいところ

  1. 1口1万円からできて、
  2. 運用中の管理は全く不要でほったらかし、
  3. それなのに年に7%もリターンが得られる!

そのため、五黄ファンドにあなたのお金を預けると、勝手に運用してくれて年間で7%リターンを得ることができます。

7%で30万円を3年間運用した場合、たった3年間で銀行に預けているだけよりも、63,000円も得することになるんです!

【30万円を3年間五黄ファンドに預けた場合】

銀行に眠る30万円 五黄ファンドに預けた場合
元金 300,000円 300,000円
1年目 300,000円 321,000円
2年目 300,000円 342,000円
3年目 300,000円 363,000円

なお、同じ条件で5年間預けておくと、105,000円ものリターンが返ってきます。

そう思うと金利が0.001%などの銀行に預けているのは勿体なくありませんか?

銀行に預けているお金を五黄ファンドに預けておくだけで、勝手に増やして返してくれるんです。

さらに、五黄ファンドは他社サービスよりも優れている点があります。

それは、1万円から預けられること。

他社サービスでは、最低出資金額が100万円のサービスもあります。

が、より簡単にあなたの貯金を投資に回そうとすると、100万円もない場合もありますよね。

五黄ファンドは、1万円から出資が可能なので、誰でも簡単に、そして少額から投資ができる最強の投資方法なのです!

以下は、他社サービスMと比較した表です。

五黄ファンド 他社サービスM
最低出資額 1万円 100万円
投資利回り 5~7% 6~7%
申込手数料 無料 無料

100万円からしか出資ができない他社サービスMに比べて、五黄ファンドは1万円から出資ができるので、今すぐ始められます。

最低1万円から投資ができるので、ポートフォリオの一つとして組み込みやすい商品だと言えます。

あなたも五黄ファンドをポートフォリオに組み込んで、安定した資産運用をしましょう!

関連記事一覧